このページは読売新聞が発行した号外を見ることができます。
最新ニュースをいちはやく!過去にはこんな重大ニュースが!
なお、号外画像は個人使用目的以外でのご使用はできません。
2019年2018年2017年2016年2015年2014年
2013年2012年2011年2010年|2009年|2008年2007年2006年2005年2004年2003年

2009年11月10日 東京本社

「森繁久弥さん死去」詳しくはこちら

戦後の映画・演劇けん引 96歳
映画「社長」「駅前」シリーズや舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」などで広く親しまれ、大衆芸能の分野で初の文化勲章を受章した俳優の森繁久弥(もりしげ・ひさや)さんが10日午前8時16分、老衰のため亡くなった。96歳だった。告別式、喪主は未定。


2009年11月10日 東京本社

「市橋容疑者を逮捕」詳しくはこちら

リンゼイさん事件 逃走2年半
千葉県市川市で2007年3月、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、大阪府警は死体遺棄容疑で指名手配されていた市橋達也容疑者(30)を10日夜、大阪市住之江区の大阪・南港で身柄を確保、同容疑で逮捕した。


2009年11月7日 スポーツ報知

「原巨人 21度目日本一」詳しくはこちら

7年ぶり奪回
巨人が2002年以来7年ぶり21度目の日本シリーズ優勝を決めた。1回に負傷退場した東野を内海が好救援。2回、阿部の中越え適時二塁打で先制。6回に小笠原の右前安打に敵失を絡めて加点。日本ハムを4勝2敗で退け、原監督が10度、宙に舞った。監督通算6季で4度のリーグ優勝、2度の日本一。3月のワールド・べースボール・クラシック(WBC)の連覇で始まった09年、51歳の若き名将は日本一で終えた。


2009年11月7日 東京本社

「巨人日本一」詳しくはこちら

日本ハム破り7年ぶり
2009年度のプロ野球日本シリーズ、読売巨人軍―北海道日本ハムファイターズの第6戦が7日、札幌ドームで行われ、セントラル・リーグ3連覇の巨人がパシフィック・リーグの覇者日本ハムに2−0で勝ち、対戦成績を4勝2敗とし、7年ぶり21度目の日本一を決めた。最高殊勲選 手(MVP)には、阿部慎之助選手(30)が選ばれた。


2009年11月5日 スポーツ報知

「悲願世界一 松井MVP」詳しくはこちら

ワールドシリーズ第6戦
【ニューヨーク・4日=柳田寧子、楢崎豊】ヤンキースの松井秀喜外野手(35)が、夢にまで見た世界一の座を自らのバットでつかんだ。ヤ軍の3勝2敗で迎えたワールドシリーズ第6戦は当地で行われ、「5番・DH」で4試合ぶりに先発した松井は2回に右翼へ先制3号2ランを運ぶと、3回に中前へ2点適時打。5回には試合を決める右中間2点二塁打を放ち、1試合6打点のシリーズタイ記録となる活躍で、ヤ軍を9年ぶり27度目のワールドシリーズ優勝に導いた。シリーズでは13打数8安打3本塁打8打点を残し、日本人初のMVPに輝いた。


2009年9月23日 スポーツ報知

「原巨人セ・リーグ3連覇」詳しくはこちら page1 page2

V9以来36年ぶり
巨人が1965〜73年のV9以来となるリーグ3連覇を達成した。マジック1で迎えた23日の中日戦(東京D)で5-3と勝ち、3年連続42度目(1リーグ9度、セ・リーグ33度)の優勝を飾った。原監督はホームの大観衆の前で8度宙を舞った。「維新」を掲げてスタートした今季は、開幕8試合目の4月11日以降、一度も首位の座を明け渡さない強さを見せた。セの王者として、10月21日からのクライマックスシリーズ第2ステージを突破し、同31日からの日本シリーズで02年以来7年ぶりの日本一奪回を目指す。


2009年9月23日 東京本社

「巨人V3」詳しくはこちら

33度目セ制覇
プロ野球セントラル・リーグは23日、読売巨人軍が3年連続33度目(1リーグ時代を含め42度目)の優勝を決めた。優勝マジックを「1」としていた巨人は、東京ドームで行われた2位、中日との直接対決に5-3で勝ち、3連覇を達成した。
セの3連覇は巨人のV9(1965〜73年)以来で、巨人としては4度目となる。原辰徳監督(51)は4度目のリーグ制覇。巨人は上位3チームによるクライマックスシリーズに出場し、2位中日と3位チームの勝者と、日本シリーズ進出をかけて第2ステージ(10月21日開幕、東京ドーム)で対戦する。


2009年9月16日 東京本社

「民主 鳩山首相誕生」詳しくはこちら page1 page2

「今日が歴史の転換点」民・社・国 連立内閣発足へ
民主党の鳩山代表は16日午後、衆参両院での首相指名選挙を経て、第93代、60人目の首相に指名された。鳩山氏は直ちに組閣し、同日夜の皇居での認証式を経て、社民、国民新党との連立政権を発足させる。
自民党を中心とした政権の交代は1993年以来、16年ぶりだ。鳩山氏は既に新政権の閣僚17人の全容を固めており、国土交通相には民主党の前原誠司副代表、厚生労働相には長妻昭政調会長代理をそれぞれ起用する。


2009年9月14日 東京本社

「イチロー メジャー初 9年連続200安打」詳しくはこちら

ダブルヘッダー第2試合の2回、遊撃内野安打で決めた
【アーリントン(米テキサス州)13日=津川晋一】マリナーズのイチロー外野手(35)が9年連続200安打の大リーグ新記録を樹立した。レンジャーズとのダブルへッダー第2試合の2回、左腕ホランド投手から遊撃内野安打をマーク。昨季、W・キーラー外野手に並んだ8年連続を更新した。イチローは9月6日アスレチックス戦で、1900年以降では歴代2番目のスピード記録となる通算1402試合目でメジャー2000安打を達成。記録ラッシュのシーズンとなった。


2009年9月14日 東京本社

「イチロー 大リーグ新」詳しくはこちら

9年連続200安打
【アーリントン(米テキサス州)=霜田聖】米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー(本名・鈴木一朗)外野手(35)は13日、アーリントンで行われたレンジャーズ戦のダブルヘッダー第2試合の二回に内野安打を放ち、大リーグ史上初となる9年連続シーズン200安打を達成した。従来の記録はウィリー・キーラー(オリオールズなど、1894〜1901年)の8年連続で、108年ぶりに記録を更新した。


2009年7月13日 東京本社

「衆院選8月30日」詳しくはこちら

解散今月21日にも 政府・与党が合意
麻生首相は13日、衆院解散・総選挙の時期を巡って与党幹部と会談し、「8月18日公示−同30日投開票」とすることを決めた。今月21日にも解散する。首相は今週内に解散に踏み切る方向で与党と調整したが、与党内の先送りの声が強く、妥協した。


2009年7月13日 東京本社

「臓器提供15歳未満も」詳しくはこちら

改正移植法成立 参院可決「脳死は人の死」
脳死を「人の死」とすることを前提に臓器提供の年齢制限を撤廃する改正臓器移植法(A案)が13日午後、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。1997年に成立した現行法下では禁じられている15歳未満からの臓器提供に道が開かれることとなった。改正法は公布から1年後に施行される。


2009年5月25日 東京本社

「北朝鮮が核実験」詳しくはこちら

06年以来2度目 「地下で実施」と発表
【ソウル=前田泰広】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、「地下核実験を成功裏に実施した」と報じた。同通信は、「爆発力などにおいて、新しく高い段階で行われた。実験結果で、核兵器の威力をより高め、核技術を発展させる」としており、2006年の10月に行われた前回の核実験を上回る規模であることを示唆した。


2009年5月16日 東京本社

「民主代表に鳩山氏」詳しくはこちら

岡田氏に29表差
民主党は16日午後、東京都内のホテルで両院議員総会を開き、西松建設の違法献金事件をめぐり辞任表明した小沢一郎代表の後任に、鳩山由紀夫幹事長(62)を選出した。鳩山氏は岡田克也副代表(55)を29票差で破った。代表再登板となる鳩山氏は小沢、岡田両氏を要職で起用、挙党態勢の構築を目指す構えだ。衆院選を控え、西松事件で傷ついた党のイメージを回復できるかどうかが最大の課題となる。

新型インフル 国内で感染初確認
厚生労働省は16日、神戸市内の県立高校に通う3年男子生徒(17)について、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)への感染が確認されたと発表した。水際の検疫以外では国内初の感染確認となる。


2009年5月11日 東京本社

「小沢代表辞任」詳しくはこちら

西松事件で引責 民主衆院選への影響考慮
民主党の小沢一郎代表(66)は11日、準大手ゼネコン「西松建設」の政治献金をめぐる事件で自らの公設秘書が逮捕・起訴されたことの責任を取り、代表を辞任する意向を固めた。同日夕に記者会見し、正式に表明する。民主党は直ちに後継代表選出に入るが、政権交代を目指す上で大きな打撃となった。後継代表には、岡田克也副代表(55)、鳩山由紀夫幹事長(62)らの名前が挙がっている。


2009年4月17日 スポーツ報知

「張本超え3086安打」詳しくはこちら

イチロー3086安打
【シアトル(米ワシントン州)16日=津川晋一、軍司敦史】マリナーズのイチロー外野手(35)がまた快挙を達成した。当地でのエンゼルス戦に「1番・右翼」で出場し、4回先頭打者として左腕のソーンダースから右前安打。張本勲氏が持つ日本プロ野球記録を上回る日米通算3086安打(日本1278、米国1808〉をマークした。イチローは前夜、渡米後4本目のグランドスラムを放ち、同氏のヒット数に肩を並べたばかりだった。今後はP・ローズの持つ大リーグ記録4256安打を目標に打ち続ける。


2009年4月17日 東京本社

「イチロー3086安打」詳しくはこちら

張本超え最多 日米通算
【シアトル=霜田聖】米大リーグ、マリナーズのイチロー(本名・鈴木一朗)外野手(35)は16日(日本時間17日)、エンゼルス戦で安打を放ち、日米通算3086安打を達成、張本勲氏(元巨人など)の持つ日本プロ野球通算最多安打記録を抜いた。
胃潰瘍のため、開幕から8試合を欠場したイチローは、復帰初戦となった15日の試合で2安打を放って張本氏の記録に並び、この日の四回に打った右前打で記録を更新した。


2009年4月16日 スポーツ報知

「イチロー張本に並んだ」詳しくはこちら

日米通算3085本
【シアトル(米ワシントン州)15日=津川晋一、軍司敦史】イチローが満塁弾で金字塔を打ち立てた。胃潰傷(かいよう)で15日間の故障者リスト(DL)に入っていたマリナーズ・イチロー外野手(35)は15日(日本時間16日)、当地でのエンゼルス戦に「1番・右翼」で戦列復帰。3回1死からの第2打席で中前安打すると、7回1死満塁から右越えにメジャー通算4本目となるグランドスラムを放って日米通算3085安打とし、日本ハムや巨人などで活躍した張本勲氏の持つ日本プロ野球記録に並んだ。日本(オリックス)で1278安打、米国で1807安打を積み重ねた天才打者が、プロ18年目で名実ともに日本最高の“ヒットメーカー”となった。


2009年4月5日 東京本社

「北ミサイル発射」詳しくはこちら

日本上空を通過
「衛星」と主張 長射程化に成功か 日本政府抗議

北朝鮮は5日午前11時30分ごろ、「人工衛星」と主張して準備を進めていた弾道ミサイル1発を発射した。同37分ごろ、1段目のブースターは秋田県西方約280キロの日本海に落下した。ミサイルは日本本土上空を通過し、自衛隊は日本の東方約2100キロで追尾を終了した。米軍の早期警戒衛星の情報などをもとに、日本政府が確認した。日本国内への落下物や被害は報告されていないが、政府は船舶などの安全の確認を急いでいる。


2009年3月24日 東京本社

「WBC日本連覇」詳しくはこちら

韓国に5-3
【ロサンゼルス―山脇幸二】野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日、ドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、延長戦の末、韓国に5-3で競り勝ち、2大会連続の優勝を決めた。最優秀選手には、2大会連続で松坂大輔(レッドソックス)が選ばれた。


2009年3月24日 スポーツ報知

「韓国倒した 侍JAPAN連覇」詳しくはこちら

イチロー延長10回決勝打!
侍ジャパンが世界連覇を成し遂げた。決勝で宿敵・韓国を延長戦の末、5-3で下し、2006年の第1回大会に続く優勝を果たした。アジアのライバルとは今大会5度目の対戦。ここまで2勝2敗と互角の戦いを繰り広げてきたが、この試台も白熱の展開となった。


2009年3月23日 スポーツ報知

「アメリカ倒した 侍JAPAN決勝」詳しくはこちら page1 page2

4回逆転劇イッキ5点 松坂耐えて3勝 ダル締めた
侍ジャパンが連覇に王手を掛けた。06年の前回大会で敗れた米国を破って決勝進出。歓声とため息が入り交じるドジャー・スタジアムで、ハイタッチの列に加わった侍たちは誇らし気な笑みを浮かべた。


2009年3月19日 スポーツ報知

「キューバに5-0 侍JAPAN4強」詳しくはこちら page1 page2

イチロー復活2安打
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は、米カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われた敗者復活2回戦でキューバを破り、4強入りを決めた。4回に失策で2点を先制。5回に青木の中前適時打、7回に中島の左犠飛、9回にも青木の右前適時打で加点した。先発の岩隈は6回無失点、2番手の杉内も走者を許さず、完封リレーを完成させた。侍ジャパンは19日、韓国との順位決定戦に臨み、準決勝の対戦相手が米国かベネズエラに決まる。


2009年1月26日 さいたま支局

「戸田新市議決まる」詳しくはこちら

開票結果
(定数26-候補31)
【当】4,143 菅原 文仁、【当】2,131 斎藤 直子、【当】2,084 高橋 秀樹、【当】1,930 本田 哲、【当】1,625 細井 幸雄、【当】1,621 榎本 守明、【当】1,574 岡嵜 郁子、【当】1,565 望月 久晴、【当】1,517 三浦 芳一、【当】1,494 中名生 隆、【当】1,431 鈴木 麗子、【当】1,406 栗原 隆司.........


2009年1月21日 東京本社

「再生の時」詳しくはこちら

オバマ米大統領就任 初の黒人
 【ワシントン=小川聡、本間圭一】米国のバラク・オバマ前上院議員(47)20日正午(日本時間21日午前2時)過ぎ、ワシントンの連邦議会議事堂前で行われた大統領就任式で宣誓し、第44代大統領に就任した。黒人の大統領誕生は、米国史上初めて。就任演説でオバマ大統領は、金融危機やイラクとアフガニスタンでの戦争を念頭に、「我々に必要なことは、新しい責任の時代に入ることだ」と述べ、国民の積極協力を求めた。大統領はまた、「米国再生の仕事に着手しよう」と呼びかけ、ブッシュ共和党政権のもとで傷ついた米国の威信回復に取り組む姿勢を鮮明にした。


YC東所沢 〒359-0021 所沢市東所沢2-1-7 TEL:04-2945-3798 FAX:04-2945-3795 MAIL:yomiuri@mbi.nifty.com
copyright (C) 2008 YC東所沢 allrightreserved.
であい広場モバイルサイト