2018年3月17日 東京本社

新田 金 詳しくはこちら

男子距離 10`・クラシカル 
平昌冬季パラリンピック第9日の17日、距離スキーの男子・10`クラシカル(立位)で新田佳浩(37)(日立ソリュージョンズ)が金メダルを獲得した。新田は14日の男子スプリント・クラシカル(立位) に続いて今大会2個目のメダル獲得で、通算5個目。金メダルは2010年バンクーバー大会以来で、3個目になる。


2018年3月16日 東京本社

成田 金 詳しくはこちら

スノボ男子スラローム 
平昌冬季パラリンピック第6日の16日、スノーボードの男子バンクドスラローム(下肢障害LL2)で成田緑夢(24)(近畿医療専門学校)が金メダルに輝いた。成田はスノーボードクロスの銅に続き、今大会出場2種目で2個のメダルを獲得した。


2018年3月14日 東京本社

村岡 金 詳しくはこちら

女子大回転 
平昌冬季パラリンピック第6日の14日、アルペンスキーの女子大回転(座位)で見ら岡桃佳(21)(早大)が金メダルを獲得した。今大会では日本勢初の金メダル。冬季大会では男女を通じて日本人最年少の金メダリスト。


2018年2月24日 読売新聞 東京本社

高木菜 金 詳しくはこちら

マススタート  
平昌冬季五輪第16日の24日、スピードスケート新種目の女子マススタートで、高木菜那(25)(日本電産サンキョー)が金メダルに輝いた。高木菜は団体追い抜きに続き、今大会で2個目の金メダルを獲得した。


2018年2月21日 読売新聞 東京本社

日本女子 金詳しくはこちら

追い抜き 五輪新
平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜きが行われ、日本が金メダルに輝いた。この種目では2010年バンクーバー大会銀以来のメダルで、金は初めて。


2018年2月19日読売新聞 東京本社

「小平 金」 詳しくはこちら page1 

女子500 スピード女子初 
平昌冬季五輪第10日の18日、スピードスケート女子500メートルが行われ、小平奈緒(31)(相沢病院)が五輪記録を0秒34更新する36秒94で金メダルに輝いた。スピードスケートで日本選手が金メダルを手にするのは、 1998年長野大会男子500メートルの清水宏保以来2人目で、女子では初めて。日本選手団主将の小平は1000メートルで銀メダルを獲得しており、今大会2個目のメダルとなった。


2018年2月17日 読売新聞 東京本社

「羽生 金」詳しくはこちら page1 

フィギュア 男子66年ぶり連覇 宇野銀
平昌冬季五輪第9日の17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(23)(ANA)がフリーで2位となり、合計317.85点で前回2014年ソチ大会に続く金メダルを獲得した。


YC東所沢 〒359-0021 所沢市東所沢2-1-7 TEL:04-2945-3798 FAX:04-2945-3795 MAIL:yomiuri@mbi.nifty.com
copyright (C) 2008 YC東所沢 allrightreserved.
であい広場モバイルサイト